読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Campfire Audio NOVA、買ってきた

イヤホン オーディオ

f:id:ooaaoijp:20160711173246j:plain

先週の記事(→コチラ)で買いたいって言っていたCampfire Audioのイヤホン「NOVA」だけど、発売日の土曜日(07/09)に買ってきた。

フジヤエービックで税込¥63,000-で購入(本当はe☆イヤホンで買うつもりだったが、発売前日に電話したら秋葉原も渋谷も初回入荷分は予約でいっぱいだと言われてしまったorz)。

 

やっぱりフルレンジBA機はいいね。個人的に、一時期シングルBA機(ドライバーはBAが1つだけなので、必然的にフルレンジBA)に嵌まってたことがあって、よく買ったり視聴したりしてた頃があったけど、NOVAもそれらと同様、ボーカルがくっきりはっきりしてて聴きやすいし、音の繋がりも非常にスムーズ。

そして、NOVAはフルレンジのBAを2つに増強したおかげなのか、音に勢いが出て、ボーカルの生々しさや臨場感が素晴らしく感じられた。

ボーカル以外にも、ギターの弦を弾く音が気持ちいいし、ドラムやバーカッション系も軽快で楽しい。ケーブル素材や筐体設計を拘ってるだけはあるのかな(知らんけどw)、と思った。

但し、広帯域が苦手なBA(解像感が高いのはいいんだが……)をフルレンジにしたのが裏目に出てるのか、高域低域のフォーカスが少々甘い印象を受ける。高音はケーブルのおかげか銀メッキ線特有の音にキラキラ感が出て綺麗に聴けるのでまだいいんだが、低音はもう少しドッシリ下支え感が欲しいなあ。

この辺りは、低中高と帯域で分けてBAドライバーを配している(らしい)上位機のANDROMEDAに引けを取ってしまっている気がした。

 

f:id:ooaaoijp:20160711181846j:plain

↑筐体部(耳に装着して)外側のアップ。ただでさえ角張っている上にネジ頭丸出しで、かなり無骨な印象(嫌う人は相当数いるだろうなあ)。銀色のヘアライン仕上げは個人的に近未来的な感じがして好き。

 

f:id:ooaaoijp:20160711182433j:plain

↑(耳に装着して)内側のアップ。左右の見分けは彫られているLRの文字で(ケーブル側は少し分かりにくいが丸ポチ(左→青、右→赤)がある)。

 

f:id:ooaaoijp:20160711182804j:plain

↑ケーブルは銀メッキ銅線の編み込み。編み込みでないタイプよりはしなやかでタッチノイズも無いが、普通のケーブルと比べると少々取り回しが悪く不快に感じるかも。プラグはL字タイプ、首締め用(?)のアジャスター機構を備える、ケーブルクリップは付属しない。

 

f:id:ooaaoijp:20160711183214j:plain

パッケージ箱と、同梱のポーチ。出し入れに難があるので、もう少し大きいと良かったなあ。

 

フルレンジBA2発という特異なアプローチに、拘りの筐体,ケーブルを備えたCampfire AudioのNOVA。特に、今まで,他社とは少し違ったボーカル重視のイヤホンをお探しの方、是非お勧めです。

 

ちなみに、NOVAに関してちょっと試してみたいことがある(まあ大体予想つくとは思いますがw)ので、今週中(早ければ明日夜)にもう1つ記事を書くつもりです。お楽しみに!!

なお、おおああおいの都合により時間的,技術的,資金的な問題で中止になるかもしれません。無職貧乏人ですからね(汗)。予めご了承くださいませ。