読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

DP-X1A発表

■↓オンキヨーの「DP-X1A」新製品ニュースページ

オンキヨー株式会社:新製品ニュース> デジタルオーディオプレーヤー DP-X1A

■↓同、「XDP-300R」新製品ニュースページ

オンキヨー株式会社:新製品ニュース> パイオニア デジタルオーディオプレーヤー XDP-300R

 

我が愛機でもある「DP-X1」の後継モデル(?)がついに来るのね。ちなみにパイオニアブランドからも兄弟機(「XDP-100R」後継?)「XDP-300R」が正式に(※但しコチラはこの前にIFAで端末名称が明らかになっていたし試作機展示も行われていた)発表に。

 

画面(4.7インチHD液晶タッチパネル)やOS(Android 5.1)やSoC(Qualcomm Snapdragon 800 2.2GHzの4コア)やDACアンプ構成(ESS ES9018K2M, SABRE 9601K をそれぞれヂュアル配置)はそのままで、マイナーチェンジな印象を受けるが、

内臓ROMが32GBから64GBに増えたうえに、電源回りの部品を変更して音質の向上も図られているらしい。

あとゲイン切替が3段階(Low/Normal/High)から4段階(Low2/Low1/Normal/High)に増えてるとか。

ついでに言うと、価格も¥75,380-(発売開始当時の税込市場価格、今は6万円前後で買えるらしい)から¥86,180-(現在、イーイヤホンなど)へパワーアップ(苦笑)!!

 

正直、内蔵ROMは32GBのままでいいから価格は据え置いてほしかったなあ。ハイレゾ入れるんじゃ64GBでも足りない(128GBか256GBは欲しい)し、せっかくmicroSDスロットが2基もあるんだから基本そっちで運用するのが一般的だろう。XDP-300R買えって?そっちは電源回路強化してないんでしょ?

やはり気になるのはDP-X1比で音質がどこまで向上されてるか。DP-X1の製品情報ページには無かった、“安定した電源供給を可能にする、導電性ポリマコンデンサ”(このページの一番下の方)ってのがマジ気になるわー。それ次第ではDP-X1から買い替えても悪くないんではないかと。

 

IFA前のプレスでは小型モデル(パイオニア, オンキヨー それぞれから1機種ずつ計2機種)と次世代モデル(SIMスロットが付いてるのではと噂のヤツ)が先に発表になっててそっちが気になってたけど、

来月にオンキヨー, パイオニア 双方から違う後継機が出るってことは、

年末商戦はその2機種で勝負して、小型モデルと次世代モデルは来年に持ち越しって感じなのかな